薬学部卒の学生の主な就職先

薬学部卒の学生の主な就職先

薬学部卒,就職先

 

薬学部と言うのは医療専門職である薬剤師国家試験の受験資格を得るための唯一の教育課程です。そのため薬学部卒のほとんどの学生は薬剤師の資格を取得して仕事につなげる選択を取ります。その様な薬学部卒の学生の主な就職先としては主に4つの種類があることが知られています。

 

 

一つは研究職の道です。大学院への進学や研究所への就職などがありますが、いずれも極めて狭き門である上に成果が求められる厳しい世界でもあります。この様な職種が一つの進路となるでしょう。

 

しかし最も一般的なのは病院などに勤務する薬剤師と言う職業です。医療機関には薬剤師の設置基準と言うものがあり、ある程度以上の規模の医療機関では薬剤師の設置が義務付けられています。そのため大病院での勤務が主な進路となります。

 

他にも薬局での勤務もあります。医師の処方薬を専門に扱うことができる調剤薬局は薬剤師の管理がなければ営業することが許されませんので薬剤師の主な進路となります。

 

ドラッグストアもかつてはそうでしたが現在では登録販売者制度によって変化が生じています。しかし店長としてドラッグストアに勤務することで調剤薬局を兼ねることができるため、一般サービスの世界にも就職先が広がっているのです。

 

薬剤師の転職