薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容

 

薬剤師とは、医薬品に関わる専門家です。薬剤師は国家資格であり、国家試験の受験資格を得るためには、大学の薬学部に設けられている6年生の養成課程に進学して卒業をしなければなりません。

 

一般では、調剤薬局で働いている姿のイメージが先行するのではないでしょうか。調剤薬局での主な仕事内容は、上記の調剤業務、患者さんへ薬の用法用量を伝える服薬指導、薬歴管理があります。

 

単に薬を渡せばよいというものではなく、患者さんとコミュニケーションを取りながら、疑問や質問に丁寧にこたえます。調剤とは、医師が出した処方箋をもとに薬剤を調合することを指します。患者さんに間違った薬をお渡ししては一大事となるため、薬を手渡す際には別の薬剤師が確認をとるなどして、間違いが起こらないように注意を払っています。

 

 

また、調剤薬局だけではなく、研究機関で薬の研究やデータ収集に関わったり、製薬会社において医薬情報担当者(MR)として、病院に対して自社の薬の情報を提供したり、市販薬を扱うドラッグストアで働いたりしています。製薬会社で働いている場合は、新薬の開発(創薬)を行っています。ドラッグストアで働いている場合は、仕事内容に市販薬品の相談業務が含まれているため、幅広い薬剤の知識が必要となります。